札幌聖心女子学院 > 学校紹介 > 本校の取り組み > スーパーグローバルハイスクール > アクションプランとその実行  > 9/3 NY国連研修2016年度研修生が2回目の”クッキーセール” を行いました。

アクションプランとその実行

9/3 NY国連研修2016年度研修生が2回目の”クッキーセール” を行いました。

  9月3日(日)に本校で行われた学校バザー「友愛セール」にて、SGH ニューヨーク国連研修に参加した2016年度研修生が、2回目の ”クッキーセール” を行いました。これは彼女たちのアクションプランの一つであり、「難民の子どもたちを助けたい!」という強い気持ちによるもので、1回目は本校の学校祭「ソフィア祭」での実施でした。(詳しくはこちらをご覧ください。)
  今回はほとんどのお客様が足を運ぶ体育館にてクッキーの販売ができるよう、母の会会長にお願いをし、場所を割り当てていただきました。前日に学校の調理室で、全員が力を合わせ焼き上げた300枚以上のクッキーに、飾りとメッセージを添えて袋詰めをし、販売しました。
  その結果、クッキーは販売後3時間程で完売し、募金と合わせて 計40,711円の支援金を集めることができました。生徒全員が本当に心を込めて取り組んだからこそ、その喜びは格別でした。「ソフィア祭」で集まった40,000円と合わせ、計80,711円を、生徒自らで話し合い募金先に決めた UNICEFの「シリア緊急募金」に募金させていただきます。この度は、たくさんの方々にご協力をいただき、心より感謝いたします。本当にありがとうございました。
  また、今回の取り組みをお聞きになった北海道新聞の方が、この ”クッキーセール” の取材のために来校され、生徒たちにインタビューをしていただき、この記事は、9月5日(火)の北海道新聞「地域の話題」(札幌)の箇所に掲載されました。「多くの人に世界の難民の現状を伝え、少しでも多くの人が問題意識を持ち、行動を起こすことができますように。」という彼女たちの願いが叶うことを期待します。

ホームへ戻る ホームへ戻る ページの一番上へ移動