札幌聖心女子学院 > 新着情報 > その他 記事一覧 > 3/21 バチカンのフランチェスコ・モンテリーズィ枢機卿ご来校

その他

3/21 バチカンのフランチェスコ・モンテリーズィ枢機卿ご来校


日本バチカン国交75周年記念東日本大震災復興支援チャリティーコンサート「第5回バチカンより日本へ祈りのレクイエム日本公演2017」に同行されたフランチェスコ・
モンテリーズィ枢機卿が3月21日に来校され、春休み中でしたが、国連研修生を中心とした高校1~3年生有志が、「アヴェマリア」や「花は咲く」を歌ってお出迎えしました。生徒たちは、ほとんどが英語で、東日本大震災のためのご支援に感謝し、札幌聖心の教育理念が「イエスの聖心(みこころ)のメッセージ」にもとづいていることや、とくに現在、「人との共生、自然との共生」をテーマとし、自ら策定した共生のためのアクション・ションプランを実行する教育に力を入れていること等をご説明しました。
枢機卿様は、若い世代がこのように考えを深め、実行していること、国連のように国際的な組織との連携によって教育していることを大変お喜びくださいました。そして、このような教育を行っている聖心会や教職員への感謝とねぎらいのお言葉を下さり、一同感激しました。
また、生徒の質問に応えて、枢機卿様は、「共生について大切な心の姿勢」や、教皇様の「ラウダート・シ」を引用され、地球のためにできるささやかな行動を呼びかけることが大切であるお話下さいました。
そして、生徒たちのアクション・プランの一つである、難民・移民問題や核問題に関するツイッター「世界を応援する女子高生」を教皇様にリツイートしていただくようお願いするとおっしゃって下さり、生徒教職員を祝福して下さいました。本校にとり、恵みあふれる祝福の日となりました。

ホームへ戻る ホームへ戻る ページの一番上へ移動