札幌聖心女子学院 > 教育内容 > グローバルクラス

グローバルの魅力

「共生の精神」を土台に

グローバルクラスの生徒に求められるのは、何よりもまずに自分と違った考え方や文化をもつ人々を受け入れ、尊重する「共生の精神」です。第2にグローバルクラスでの学びを通じて英語運用力を高めようとする姿勢、身につけた英語力を使おうとする積極性、そして第3に多面的で国際的な視野を持ち、前向きに柔軟にコミュニケーションを図っていく決意です。

毎日が英語漬け「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」

担任は英語ネイティブと日本人の2人担任制。日常的に英語に触れるチャンスが多くあります。

中学3年間は国語週6時間、英語週8時間。グローバルクラスでは、語学教育を大切にします。英語を「道具」として習得するためには、日本語での思考力や表現力も等しく求められている資質です。

十分な時間をかけて、きめ細かく学ぶことを通して、使える資格の早期習得を目指します。中学では英検、高校ではTOEICを年に1回以上受験する機会を設けます。中学3年間のうちに全員英検2級取得を目指します。高校3年生ではTOEIC700点以上を目指します。

6年間を通じ、英語は教わり習うものではなく、それを使って多様な教科を学び、自分の考えを発信していく「道具」となります。 その機会は学年が進む毎に、どんどん増えていくでしょう。

聖心ネットワークを活かして

世界29ヶ国に広がる聖心ネットワークが存分に活かされる学習がグローバルのカリキュラムの特徴です。
アーリーサマーコースでは、東京の聖心インターナショナルスクールの先生をお招きしての特別プログラムがあります。

中学2年生の冬には全員で聖心インターナショナルスクールへの国内留学を体験します。
高校生になったら全員が海外姉妹校等への短期留学、希望者は1年間の長期留学のチャンスも用意されています。

グローバルスキルズ 国際社会で生きる日本人としての教養を養う

カリキュラムに盛り込まれている「グローバルスキルズ」の時間では、コミュニケーション力を養い、また、伝統的な優れた日本文化を体験的に理解し、発信できるようにします。
礼儀作法を始め、茶道・華道・書道などを全員で体験します。

中学3年生からは、英語に加えて第二外国語の学習にも挑戦します。

寄宿舎での生活を通し、本当の自由を学ぶ

グローバルクラスの特色の1つは中学1年での寄宿舎生活体験です。寄宿舎生活では、集団生活を通してルールを守る大切さや自立の精神を養います。

寄宿舎生活の中でも、英語に触れるチャンスが何度もあります。24時間英語で生活するイングリッシュデイや、その日の食事の話題は全て英語で行うイングリッシュテーブルなどの機会があります。

夜間学習時間には、本校教員が生徒たちの学習をサポートします。

寄宿舎活は将来の海外研修や留学で必ずや役に立ちます。 集団生活では忍耐や不自由さも経験しますが、それを味わうことで真の自由を学ぶことができるでしょう。

詳しくはこちら
ホームへ戻る ホームへ戻る ページの一番上へ移動