札幌聖心女子学院 > 学校紹介 > 教育の3つの柱 > 実行力を養う

実行力を養う

学びの気持ちは海を越えて、世界へはばたきます。

授業や自主学習・研究で得た知識や技能を活かすためには、 自ら「体験」することが重要です。
札幌聖心女子学院では、授業の一環としての体験学習をはじめ、 目的に応じた海外プログラム、姉妹校交流など、4つの大陸に20種類以上の出会いの場を多彩に用意しています。

外の世界を知ることで、今までの自分を振り返り、夢を見つける

学んだ英語を生かし、外の世界を知ることは、自分の今までを振り返り、これからの夢を見つけることにもつながります。
さらに海外にでて体験したことを機に、日本の、自分の関わり方を真剣に考える生徒がたくさんいます。

生きた英語にふれるための語学研修、 姉妹校短期留学

語学研修、姉妹校短期留学 語学研修、姉妹校短期留学 語学研修、姉妹校短期留学

語学研修は、高校1年生・2年生のためのプログラムで、2011年度からはカナダで行われています。
2週間のホームステイ体験とESL(English as a Second Language)授業でしっかりと学びます。研修中は一人ひとりに高校生バディが付き、授業だけでなく多くの時間と体験を共有することで親密な交流がなされます。
中学校から学んできた英語コミュニケーションを実践する絶好の機会であり、多様な価値観を知り視野を広げるきっかけにもなります。
聖心姉妹校のネットワークを活かした約3週間の短期留学では、姉妹校生徒の家庭にホームステイしながら、授業やクラブ活動、ボランティアなど日常の高校生活を体験します。
留学先は米国シアトル、シカゴの他、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、台湾など多彩です。
留学後は、生徒達は自らの体験を下級生に分かち合い、留学から学んだことを自分の言葉で伝えています。
放課後の課題研究ミーティングはその良い発表の場となっています。

異文化への理解を深めるための体験学習

体験学習 体験学習 体験学習

幅広い国際知識の育成を目的に、国内姉妹校(札幌、東京、静岡、兵庫)合同でタイ、フィリピン、韓国、カンボジアへの体験学習を実施しています。 訪問中は、生活のあまり豊かではない地域や福祉施設などにも足を運び、各国の経済や社会の実際にふれるほか、我が国との歴史的な関わり等も学びます。 事実から目を逸らさず、ありのままを体験・体感することも、体験学習プログラムの大きな目的といえます。 タイの中高生のホームステイ受け入れを行うなど、双方向の国際親善・交流を図っています

ホームへ戻る ホームへ戻る ページの一番上へ移動