札幌聖心女子学院 > 学校紹介 > 学校の沿革

学校の沿革

最初の学校の全景 寄宿舎食堂

 札幌聖心女子学院は、フランスで1800年に創立された女子教育修道会「聖心会」を設立母体としています。革命後の混乱期に平和をもたらす教育を志した創立者聖マグダレナ・ソフィア・バラの精神を受け継ぐ教育は現在、5大陸30ケ国の147校の姉妹校に伝えられています。
 日本では1908年に来日した修道女の一団により、最初の聖心女子学院が東京に開校、1963年には国内の7校目として本校が開校しました。校地選定の折、ローマから来日中の聖心会総長マザー・デヴァロンが、宮の森の丘に立ち、未来の学校に学ぶ生徒の様子を心に思い描き、「ここは世界に開かれた窓」と述べた通り、現在世界の姉妹校のネットワークを生かして、20を超える海外長期/短期プログラムを初め、文部科学省から3度の指定を受けたSELHi、IB調査研究、SGH等の研究に取り組み、対話の内に共生を育む教育が行われています。
 時代の変化と社会のニーズに一層対応して創立者のヴィジョンを実現するために、2013年からソフィア・サイエンスクラスとグローバル・クラスの2学級を新設しました。

1800年 フランス パリで聖心会創立
1801年 フランス アミアンで最初の寄宿学校開校
1908年 聖心会修道女、横浜上陸 聖心女子学院設立
1963年 小・中学校開校、初代校長に吉川茂仁香就任
1966年 高等学校開校
1969年 2年制英語専攻科開校
1973年 小学校廃止
1997年 英語専攻科休科
2006年 文部科学省より「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール」(SELHi)の指定及び研究開発の委嘱を受ける(2006~2008)
2014年 文部科学省「国際バカロレアの趣旨を踏まえた教育の推進に関する調査研究」の指定(全国5校中の1校)を受ける(2012~2014)
2014年 文部科学省より「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)の指定(全国56校中の1校)及び研究開発の委嘱を受ける(2014~2018)
初代校長に吉川茂仁香就任 校内風景 聖心会総長マザー・デュ・バロン の視察 体育館と校舎 時計塔 SELHi公開授業
ホームへ戻る ホームへ戻る ページの一番上へ移動